POETICCURIOSITY
オブ・クリエーション
素材実験
2021

クライアント:
長野県小布施町

長野県小布施町は栗の名産地であり、特に栗菓子は町を代表する特産品として有名である。一方で栗の皮に関しては未だ定まった用途がなく、毎年200トン程度の量が廃棄されているという現状がある。

オブクリエーション・プロジェクトでは、新たな再利用方法として、栗の皮を砕き成形、集材化することで、自然由来の造形素材として利用することを試た。栗由来の日用品やプロダクトが生まれれば、自然資源の有効活用となるだけでなく、小布施町のアイデンティティを宿した新たな産物として町内外へと展開することができる可能性がある。

Studio POETIC CURIOSITYは、東京都西蒲田のスタジオで栗皮材のサンプルを制作した。これらを、小布施町に住む方々に手に取ってもらいながら、その用途や可能性について意見交換した。話し合いの中から小布施町に因んだアイディアが複数生まれ、ここに展示しているスケッチたちはその一部である。
POETIC CURIOSITYは様々な素材を用いた造形デザイン、プロダクト開発に取り組んでいます。ハンドメイド特注プロダクトのご注文や、プロジェクト案件のご相談は こちら よりお気軽にお問い合わせください。
▱ OVERVIEW
     GALLERY